Home » XOOPSをダウンロードしたい! - 文系のためのXOOPS入門

トップ 差分 一覧 ソース ヘルプ ログイン

XOOPSをダウンロードしたい!

現在、日本国内でよく使われているXOOPSの一覧です。簡単な説明を付記するので自分に合っていると思われるXOOPSをダウンロードしてください。

開発中のもの

 XOOPS Cube Legacy 2.2.*

本流のXOOPSの現バージョン。プレステでたとえるなら素のプレイステーション4。2.1.*と比べると、管理画面の見た目が大きく違うので、まったく別物に思えるかもしれないが、運用するにあたって新しく覚えないといけないことというのは特になく、モジュールもそのまま使える(ものがほとんどだろう)。
ダウンロードはここから

 XOOPS X (ten) Distribution Pack

カスタマイズしたXOOPSの現バージョンにモジュールを付加したもの。プレステでたとえるならプレイステーション4をちょこっといじってソフトを同梱したもの。これからXOOPSを使おうという初心者におすすめ。
ダウンロードはここから

開発が終了、または停止されているもの

 XOOPS Cube Legacy 2.1.*


本流のXOOPSの旧バージョン。プレステでたとえるなら素のプレイステーション3。モジュールは付いてこないので別途ダウンロード及びインストールが必要。また、開発が数年前からストップしてしまっているような古いモジュールは動かない可能性あり。
ダウンロードはここから

 ホダ塾ディストリビューション


XOOPS Cube Legacy 2.*.*を元にしたモジュール同梱版。細部でいくつか違いあり。プレイステーションでたとえるならプレイステーション3をちょこっといじってソフトを同梱したもの。始めからフォーラム(掲示板)など、一般的なサイトを構築するのに必要なモジュールが付いているので、モジュール選択から悩む必要がない。Legacy同様、古いモジュールは動かない可能性あり。

 XOOPS JPEx


XOOPS Cube Legacy 2.*.*の一世代前のバージョンであるXOOPS 2.0.16a(プレイステーションでたとえるなら初代プレイステーション2)の流れを引き継いで開発されているバージョン。プレイステーション2の最新である薄型バージョンに相当。多分、今後、開発だけではなくサポート自体もされないと思う。
ダウンロードはここから

 XOOPS 2.0.16a


実質、一つ前のバージョンということになるXOOPS。プレステでたとえるなら初代プレイステーション2。Legacy専用とされているもの以外、大抵のモジュールは動くはず。ゆえにモジュールの互換性というものをあまり考えなくていいのが長所。始めから一般的なサイトを構築するのに必要なモジュールが付いているが、ホダ塾ディストリビューションに同梱されているものと比べると明確に古い。バージョンアップされていないのは、問題がないからではなくサポートが終了しているためであり、今、このXOOPSを使用するのは推奨できない